犬と猫の心臓病診療のサイト

利用者の声

心臓病診療利用者の声

「ネットから診療を申し込むなんて不安」かもしれません。

それはもっともだと思います。
大切な愛犬・愛猫の事ですから、しっかり考えて決めて下さい。

あなたの判断の助けとなるように、実際に診療を受けられた方の声を紹介します。

東京都 長谷川さま

マップ

伊藤先生

こんばんは、長谷川です。

先日は、マップの心臓の検査をしていただき、また、本日は診療報告書をお送りいただき、ありがとうございました。

心臓に大きな問題がなかったとの診断で、とても安堵いたしました。
これからは腎不全の治療に専念できます。
鼻水が出ていたこと、気管支の壁が少し厚くなっていたことが少々気になりますが、今後様子を見ていこうと思います。

検査前と検査後に十分に時間をとっていただいてお話できましたので、ずいぶんと不安が軽くなりました。
また、検査もマップに負担がかからないようご配慮いただき、娘ともども大変感謝しております。

先生のような動物の心臓専門医がいらっしゃることを今回初めて知りました。
そういえば、通院している病院にも腫瘍専門医の先生がいらっしゃいましたっけ。
動物もヒトと同じような病気にかかるのですから、本来ならばそれぞれの専門医がいて当然ですね。
今回は幸い異常はありませんでしたが、今後何かあった時に相談できる専門の先生がいらっしゃることはとても心強いです。

現在、検査や皮内点滴、強制的な食事をしていますが、ジレンマも感じています。
マップは19歳(ヒトでいえば100歳くらいでしょうか)と高齢なうえ病院嫌いなので、こうした治療は娘と私の願いを優先させているだけで本当は自然の流れに逆っているのではないか、マップに大きな負担を強いているのではないかと常に葛藤があります。

娘も同じように思っていたそうです。
正解はないと思いますが、マップも私どもも穏やかにその時を迎えるためにも、家族の間で悩みを共有することは大切ですね。

実際は、こうした治療のおかげで容体も安定し、以前に近い活発さも戻ってきて調子はよくなっています。
まだ生きようとする力があるのだと感じています。

これからは、心配し過ぎず、でも注意深く様子を見ながら、マップが穏やかに人生(ネコ生?)を全うできるように手助けできればと思います。

来年の定期検診でまた先生に診ていただけるでしょうか。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

追伸
少し元気になったマップの写真です。頭の上の猫じゃらしを狙って集中しているところ。

神奈川県 アロハママさま

画像の説明

伊藤先生

お疲れ様です。
先週は大変お世話になりました。
そして、診察内容のご送付もどうも有難うございました。
先生の所見通り、病気は見つかりましたが適切なケアを心がけて
まいりたいと思います。

近所の獣医さんでは、現段階でも投薬は必須といわれていただけに、
勇気を出して先生に検査していただくことにして、心底よかったと思います。

食事面や、その他日頃きになっていたことも丁寧にご相談に乗ってくださいまして
本当に感謝しております。

アロハの次回の検査も柴犬好きの看護師さんがいらっしゃるといいなーと^^;
アロハは帰宅後、「僕、すごーくがんばった!」アピールと皆さんに可愛がって
いただいたことがよほど嬉しかったようで、しばらく飛び回っていました。

10-11月遅くとも年末前にはまた予約させていただければと存じます。
先生もどうぞご自愛くださいませ。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

埼玉県 Leonママさま

画像の説明

伊藤 大輔先生

先日は、大変お世話になりました。
また、診療報告書を有難うfございました。

心臓病でなくて、本当に良かったです!
何より、帰るときにレオンが先生に抱っこされて出てきたときは
安心しました。ちょっと泣きそうでした(^_^;)

本来、とてもフレンドりーで人懐っこい性格の子でした。
昨年、二度目の入院後、その時の獣医師からいうことをきかない子
凶暴な子と言われ退院後もしばらくは何かに怯えていました。
心臓病だから、一生治らない・・二週間に一度の来院を義務づけられ
約2カ月通院していたのです。

誤診された上に、メンタル面でダメージを負いました。
嫌な思い、不安な思いを沢山しましたが、今回は本当に勉強になりました。

そして、そんな思いをしたからこそ、心臓の検査、専門医を検索し
伊藤先生に出会えました。

少しでも疑問が生じた時は、専門医の正確な診断が必要ですね
また、安心してお任せできる先生がいるかどうかで大分違うのだと思います。

レオンの心臓も、今は正常でも年齢を重ねるうちに不具合が出てくる可能性が
ありますので、またいずれお世話になる時が来るかと思います。
その時は、宜しくお願いいたします。

有難うございました。

ご縁に感謝いたします。

画像の説明画像の説明

埼玉県 Yさま

画像の説明

伊藤先生

こんにちは。
先日はお約束の時間に遅れ、大変失礼しました。
お忙しい中、報告書も書いてくださり有難うございます。

ラブちゃんは家に帰るまでトイレ我慢してました。
考えると10時間以上も我慢していた事にビックリです。

かかりつけの病院で投薬が必要と言われ落ち込んでいました。
ネットで心臓病について検索していたら伊藤先生のサイトを発見!
ある方のブログでも心臓病のワンちゃんを伊藤先生に診てもらっている事を知り
すがる思いでメールしました。
伊藤先生に診察してもらい、一気に不安が解消されました。
もっと早く先生に出会っていればと後悔
また一年後に診察に伺います。
その際はよろしくお願いします。

東京都 相原さま

画像の説明

伊藤先生

先日は心臓の検査をしていただきまして、ありがとうございました。

診療内容の報告書を拝見しました。
思いがけず、よい結果を聞くことができ、驚くとともに安心しました。

これからも健康診断を定期的に受け、健康には気をつけながら遊んだり、食べたり…といったチャコの好きなことを十分させてあげたいと思っています。

先生には、また検査をお願いしたり、ご相談させていただいたりすることがあると思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
この度は大変お世話になりました。ありがとうございました。

埼玉県 清水さま

心臓病かも?というのは何かの間違えであって欲しいという気持ちはもちろんありましたが、今日、伊藤先生に検査をしてもらい、DINOの心臓の状態を診断して頂きましたので、反対に安心できました。
生活も今のままで良いとの事、病気とは上手く付き合っていこうと思います。

何事もなく、天寿を全うできるのが理想かと思いますが、人間もそうですが、そういうわけにはいかないですよね。

幸い、近所のワン友さん達とお出かけ&旅行に行ったりと飼い主共々楽しく過ごしております。
これからも変わらず、いろんなところへお出かけしたいので、様子はきちんと見ながらも、あまり気にせず過ごしていこうと思っています。

それから。。。
犬用ウエットスーツ?を着ている写真と水遊びで壊れているDINOの写真を添付致しますので、良かったら見てみて下さいませ。

画像の説明画像の説明

埼玉県 亜紀さま

伊藤先生さま

先日はありがとうございました。
丁寧な報告書を書いていただき重ねて御礼申し上げます。

命あるもの…とわかっていても、不安がいっぱいで
2人でしゃべっていても言葉のニュアンスの違い、
想いの違いなど「ダイスキ」なゆえ生じてしまうイライラ、不安。

出先から帰ってくるたびに玄関先で頭をよぎる「生きてるかな?」

本当言って疲れてました。ずっとずっと一緒にいたいけど
いつまで続く?この行き場のないストレス…

掛かりつけの病院へ行って状況を説明しても「様子見ましょう」
プラスに考えれば様子見る余裕があると思えるのかもしえませんが、
このままでいいの?悪化したら??という更なる不安、ストレス。

先生とお会いして100%解消したかといえば、病気に不安つきものってかんじですが、
今まで私の中で行き止まりだった道が開通したって思います。
今までイライラピリピリしていて、リズムにも鬱陶しがられてるところ多々あった気がします。

これから「今日の空は青いね~」と3人で空を見上げられる楽しい幸せな
お散歩ができそうです。先生とつながってる…大きな私達の支えです。
先生のお話をきいて2人のリズムへの思いも一緒になった気がします。
先生とお会いできて本当に本当に良かったです。

1月中旬頃、掛かりつけの病院へ薬をもらいながら今回の診察のことを話してくるつもりです。
またご連絡いたします。ありがとうございました。これから末永くよろしくお願い致します。

よいお年をお迎えください。幸せギュウギュウな年でありますように・・・(^ェ^)//

東京都 K.Kさま

伊藤先生へ

人間でも内科や外科等があるのに何故動物病院には無いのかずっと疑問でした。
そのため心臓専門の先生に見てもらうまでなかなか「薬」には手を出せずにいました。

ネットで検索し、心臓専門の伊藤先生を見つけ診察をお願いしました。
診ていただく為の連絡のやりとりで先生は
「他の病気であれば他の担当先生に見てもらいます」
とメールで説明されました。

「他の病気は分からないのか?!」と思う方もいらっしゃると思いますが、
私は全く逆で「それくらい心臓専門で診てくれる」と安心しました。

今までの倒れこむ動作も「心臓病が原因だ」と思い込んでいましたが、
「心臓病はあるが、今回の症状は心臓以外の原因による」
との事で、他の原因に目が向けられるようになりました。

前に
「ヘルニアからきてるものかもしれません」
と言われているのにもかかわらず
「ヘルニアでこんな風に倒れこむ?そんなことない。心臓だよきっと」と(笑)
飼い主の勝手な思い込みです。

心臓の負担の説明も満足いくものでしたし、今後の生活・薬への不安も取り除かれました。
今回ようやく薬を飲ませる事を決断しました。

本当に心臓に関して安心しました。
小梅の心臓の進行具合への処置も納得いく親切で適格な処置だったと思っております。
本当にありがとうございます。

東京都 石井さま

伊藤先生

昨日、赤坂動物病院にて診察していただきました石井です。

この度は、診察前よりご親切に対応していただき、
また、良い結果をお伝えいただき、
本当にありがとうございました。

急な病気宣告の中、ただ不安ですがる思いでご連絡した先が伊藤先生のような、温かい方で私もペットも助かりました。

今後は先生のおっしゃるように、定期的な健診を行って参りたいと思います。
今回は幸いにも病気ではありませんでしたが、長いペットの生涯を大事に育んでゆく努力をしたいと思います。

また、今後は赤坂動物病院にてお世話になろうかと考えております。

心臓病ではないということで、今後先生に多々お目にかかる機会がありませんが、
益々のご活躍をお祈りしております。

埼玉県 柴田さま

お忙しい中、、早速、検査結果を送って頂きましてありがとうございましたm(__)m

心雑音の診断を受けてから、心臓病の愛犬を飼われている方の話を聞いたり、自分で色々調べたりして、、不安ながらも「しっかり病気に向き合っていこう!!」などと心を決めていた母です。

なのに、先生に「異常ありません、健康です」と言われた途端、嬉しくて不覚にも涙を流してしまいました。(お恥かしい)

犬は自分で健康管理が出来ないし、自分の飼い方が間違っていたのかも?と思う気持ちもあり心の中ではマカに謝ったりしていました。
検査にも不安があったりしたのですが、先生に診ていただく事ができて本当に良かったです。
どうもありがとうございましたm(__)m

今回の事は、、愛犬の健康を見直す良い機会になりました。
食事、おやつ等、、以前から気になっていた事も勉強したいと思い、
先生の主催される「手作りごはんセミナー」に今度是非参加したいと思っています。
その時は獣医を目指している息子(高1)も一緒に、、先生のオーラを少し分けて頂けたら嬉しいです。。
(息子もマカを飼い始めてから、命の尊さを感じるようになった様で獣医を目指したいと言うようになりまして)

これからも家族の一員である大切なマカと、元気にすごして行きたいです。。
長くなってしまいましてすみません。
酷暑の折、お体ご自愛くださいませ(^^)

埼玉県 神田さま

伊藤先生

昨日は誠にありがとうございました。
ひとまず、アンナの状況が判明したことで安心しております。
人間同様、加齢によって衰えてゆく事は仕方のないことですね。
しかし、今まで不安と釈然としない思いは払拭されました。
これからも、前向きに対処していこうと妻とも話しました。

ご説明も解り易く、大変満足しております。
今後お世話になることがあると思いますので、また宜しくお願いいたします。

千葉県 岩井さま

かかりつけの動物病院で、
「心臓病が進行しているのであまり長くは生きられないでしょう…」
と言われ、途方に暮れていた時、インターネットで心臓病専門の伊藤先生の存在を知り、藁をもすがる思いですぐに電話をして、診察していただきました。
検査の結果、心臓病ではないことがわかり、伊藤先生に診ていただいて本当に良かったと思っています。

切羽詰まっていた飼い主の気持ちをじっくり聞いてくれて、数々の質問にもわかりやすく答えていただき、最初から最後まで親切丁寧にしていただいたので本当に感謝しています。

群馬県 荒瀬さま

ももたを連れて来てくださった方に心臓病の愛犬とくらす会の事を聞いてアナログ人間の私がミクシィに参加したこと自体びっくりでしたのに、皆さんと先生のやり取りを読んでいて、こんな獣医さんがいらっしゃるのー。と二度びっくりでした。

ももたの心臓の事ももちろん心配でしたが、伊藤先生にも興味があり、一度お会いしたくなったのは紛れもない事実です。

いぜんに飼っていたマルチーズのゆうじ君もやはり心臓病といわれました。
でも、ゆうちゃんは八歳くらいにいわれて、薬もだしてもらわなかったし、無知な私は、しかたのない事なのかな?と思うだけで、そのまま過して、十歳のときに亡くなってしまいました。

後で、知りましたが心臓病のお薬があることなどもろもろ、なぜ追求しなかったのか悔やまれたのです。
その思いがあったので、ももちゃんにはどんな状態なのかしっかり把握しておきたかったのです。

かかりつけの先生は、ももたの心音を聞くなりこりゃひどいの一言、心電図をとるでもなく、エコーをとるでもなく、でも先生は長年の経験からももたの状態を判断したのだと思います。

でも、細かいことが知りたかった。

それで、診て頂くのなら、伊藤先生にとなったわけです。
予約の段階からご親切に気を遣っていただき、遠かったけれど本当に伺って良かったです。

細かいデーターや診察後の説明などとてもわかり易かったです。
そして、診察後もたびたび気にかけて下さり私が想像した以上に素晴らしい方だと思いました。尊敬しています。
ただ、お仕事が忙しいところに、コミュに返事をしたり、私のような悩める者に気を遣ってくださったり、きっと寝る間を削っていらっしゃるんだなぁと返信の時間をチェックして心配しております。
どうぞ、ご自分のお体もお大切にご活躍くださいませ。


a:8976 t:2 y:5

powered by HAIK 7.0.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional